FC2ブログ

制度の欠陥

今更ですが、私は障害を持っている方々が通所している施設で仕事をしています。事業所では、生活介護事業・就労継続B型事業・就労移行支援事業の3事業を行っていますが、面白いことにB型事業は経験していません。ただ、横から見ていると、B型事業の制度的欠陥が見えてきます。

B型事業では、支払っている工賃により事業所の収入(給付費)が違っており、高い工賃を支払っている方が給付費も高くなる。売れる物を作れる職員、単価が高く割の良い作業を見つけることのできる職員の方が、利用者さんとの関わりに優れている職員よりも優遇されるのではないかと…。

そうなると、本当の「支援」って、何なのでしょう。生活支援員は必要なんだけど、「支援」はそれ程必要ないのかな?

スポンサーサイト

インフルエンザ

先月末、インフルエンザにかかってしまいました。良くはなったものの、いまだに咳が残っています。呼吸器系が弱いので、しばらく無理はできそうにないのですが、激務だ…。

先輩のサビ管が言っていた「サビ管なんて、するもんじゃないですよ」という言葉。実感しましたよ。やりたくてなったわけではないので、余計にそう思う…。

宿命?

え~と、さっそく「サビ管になれ」お達しがありまして…。何でこの時期なのか疑問に思っています。ここまで来たのだから、普通は新年度まで待つでしょう。法人には法人の都合があるのでしょうが、職員にも職員の都合があるのを分かって欲しいです…。

これまでも異動はすべて年度途中だったし、自分は年度途中で新たな仕事に回されるという宿命でも背負っているのでしょうか?

サビ管とは「アンパンマン」だ!

昨日でサビ管研修が終了しました。全然めでたくありません。

ところで、サビ管研修の最後でグループ討議がありました。それは、今までの研修を受けて「サビ管とは〇〇だ」というキャッチフレーズを作るという課題でした。私たちのグループでは、いろいろな候補が上がったのですが、最終的に「アンパンマン」に落ち着きました。

アンパンマン(サビ管)は、仲間(利用者・家族)に寄り添い、助け助けられ、そして危険(虐待や不適切支援)がないかパトロールしています。そして、アンパンマンマーチのサビの部分でも歌っているではありませんか。「行け、みんなの夢まもるため~」と。

どうです、まさしく「アンパンマン」でしょう…(^^;;

危機管理の入門書を探して

久しぶりに危機管理関係の記事を書いてみましょう。

私は法人の危機管理推進委員会の委員長という、日の目を見ない方が良い役目を担っています。今年度の予算で危機管理関係の入門書を購入しようと思ったのですが、適当なものがないことが分かりました。福祉関係の仕事をしている人が、危機管理に関して基礎から学べるような参考書が欲しいのですが…。

もしも見つからなかったら、自分で本を作ってみようかな。売れないだろうけど…(^^;;

プロフィール

Hikawa

Author:Hikawa
知的障害者の通所施設で仕事をしている管理人が、障害者福祉やボランティア、危機管理に関して、日頃の関わりから問題提起まで幅広く書いています。

クリック募金
あなたが協力してくれる、その1クリックで救える命がある!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
にほんブログ村 バナー
似たようなジャンルのブログを探している方は、バナーをクリックしてください。にほんブログ村のそれぞれのカテゴリーが別ウィンドウで開きます。
カウンター
リンク
検索フォーム
47NEWS
天気予報
QRコード
QR
RSSリンクの表示